読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下から目線

目に見えるモノ、見えないモノを、下から見上げナナメに解釈。

6日目「あのイロに続け」

写真 日本を旅して レジャー

こんにちは!nok298です。

 

今日もまた、「あのイロに続け」プロジェクトの記事を投稿させていただきますゾ!

 

 本日で6日目になりました!

ここまで長い時間、場所を転々と変えながら旅すると自分が定住していたことが信じられなくなってきました。あれ、元々こういう生活じゃなかったっけ?という具合に…重症ですね。

まぁそれはさておき。

 

この記事を見て、ゆっくりと旅した気分になっていただきたい…なーんて妄想しながら記事を書いています。お時間がありましたらどうぞ!

f:id:nok298:20170225151204j:plain

 

昨日までの進捗状況

まずは昨日は書けなかったことから!

f:id:nok298:20170306084137j:image

昨日は四国を離れて、岡山までは到達できたのです。

 

そう、「までは

 

岡山電気軌道の写真を撮り、ブログ記事を書き終わってさぁ広島へ行きますかと思った時刻

 

20:59

 

(´ω`;) いやはや、記事を書くのに集中していたせいか、こんなに時間が経っていたのに短く感じた

 

(´ω`)さて、つぎに広島へ行く列車はいつ出発でしたっけ?

 

(スマホで調べて、と)

 

 

 

 

20:51

 

あれ?

(・・?)スマホが変な…わけないよね

 

 

 

あっ

 

(´ー`) ←悟りを開きました

広島駅へ向かう最終列車を、逃してしまった…!

 

次の目的地である広島まで行かなくては、明日の計画はにっちもさっちもいかないのですが…

 

というわけで、

5日目の進捗状況はコチラ!

  • 高知県を出発し、琴平に寄り道しながら四国を脱出!
  • 岡山駅で、3日目には見れなかった「岡山電気軌道」に出会いました!
  • さらに広島へと行くことが、できませんでした。悔しい…!

1日目と同じように、移動に重点を置いた日になりました

 

今日の目標

 今日の目標は…

  • 広島へと向かい、広島電鉄を見る!
  • 1日かけて広島を観光する!

です。

 

それでは今日も頑張っていきます!

 

次は福山

この日は広島市内を廻るために、18きっぷは使わないと決めていたので、たかが数十キロメートルの移動に(←全然「たかが」じゃないですが、移動距離の感覚がマヒしています。温かい目で見守ってあげてください)18きっぷを消費して1日を終えるわけにはいさないのです

 

岡山駅で広島に行ける最終列車を逃した後、せめても18きっぷが使える日のうちに広島に近づこう(そして広島までにかかる運賃を安くしてやるぞ)と思い、昨日のうちに福山駅までやって来ました!

 f:id:nok298:20170306190043j:image

それでも、ここから広島まで約78km(普通列車で約2時間)

そして1940円という運賃は、予想外に痛い出費!

 

昨夜、あと少しでも早く気付けてたらなぁ…と虚しくも後悔しました

 

 

次は広島

 

予定よりは遅れましたが、

 f:id:nok298:20170306192500j:image

次の目的地の、広島へと到着しました!

 

広島へとやって来た理由は、他でもなくこれのため!

 f:id:nok298:20170306192552j:image

こちらがこの旅で六つ目の路面電車

広島電鉄

です!

 

〜「このグダクダ説明パートって、もしかして最後までやる気?」…情報を集められる限りやっていこうと思ってます。でも、読み飛ばし推奨!〜

 

広島電気鉄道は、広島市を中心に運営される日本最大の路線網、日本最大の利用客数を誇る路面電車です。

広島駅を起点として広島市内はもちろんのこと、広島港そして厳島神社のある宮島まで走っています。

 広電西広島〜宮島では通常の鉄道のように専用軌道を走行する区間あり、スピードを上げて並走するJR線とのデッドヒートを繰り広げていたりすふことも。

また利用客数が多いことから、路面電車では珍しく3両、5両がつながった編成も見ることができる

 

なんかトンデモナイ会社に思えてくるが、それにふさわしいような武勇伝も存在します。一つだけご紹介して終わりにします。

 

それが原爆からの異常な復興の早さ

広島電鉄の前身「広島瓦斯電軌株式会社」が運輸部門を開始したのは1910年からになり、第二回世界大戦以前に遡る。

広島市内を走っている鉄道が、1945年8月6日8時15分に起こった惨劇「アメリカによる原子爆弾投下」を、避けられるはずがなかった。

 

多くの市民が困惑と恐怖に苦しんでいる最中、広島電鉄は何を思ったのか徹夜で線路の復旧工事を始め、投下からわずか3日後には(橋の線路など時間がかかる部分を除き)運行を再開させてしまったのだ!!原子爆弾の熱線で起こった火災がようやく鎮火しそうだった頃に、鉄道は走っていたのだ。

瓦礫の中を走る鉄道に誰が乗るものか、そう思いたくなってしまう。しかし広島電鉄は何を思ったのか(2度目)お金のない人からは何も取れないと言って、しばらくの間は乗客に運賃を全く請求しないで運行していたのだという。

どこまで聖人になれば気がすむのだお前は。

とはいえ広島電鉄の活躍は、広島の復興の大きく貢献したことは疑うまでもない。

 

〜読み飛ばしパート 終了!〜 

 

過去を背負い、継承していく街「広島」

 

 f:id:nok298:20170306202623j:image

こちらは広島電鉄の広島駅

 

プラットホームが4つもあり、一度に違う向きへと向かう列車が2編成ずつ出発していく光景が見られます

これまで見てきた路面電車の規模を超えていて…、困惑必至です!

 

それではまず、広島駅から広電宮島口まで行き、厳島神社を見に行きます!

 

車内を見てみると、連結部分の通路が大きくとられていますね!これなら車内をラクに移動できますね!

f:id:nok298:20170306205348j:image

こちらは連結部分の床です

円になっている床が、カーブの時に動くという面白い機構を採用してますね!

f:id:nok298:20170306205402j:image

 

 

宮島へと向かう途中で、有名な原爆ドームも車内から見えてきました! 

f:id:nok298:20170306203032j:image

うーむ…

 

…やっぱり途中下車します!!

 

平和記念公園

f:id:nok298:20170306203253j:image

原爆ドームを生で見たのは初めてですが、イメージしてた通りですね

 

よく「行ってみたらイメージと違う」とか言われてる観光地もありますが、原爆ドームはまさしく原爆ドームのままです!

 f:id:nok298:20170306204932j:image

 

ちょっと意外だったのは、中で補強してる鉄骨がモロに見えてしまったり柵が張られていて近くまで寄ることができなかったことくらいですかね

 なんかハイテクだなって思ってしまいました…

 

f:id:nok298:20170306204137j:image

原爆ドームを背に、路面電車相生橋を走ります。ドームと路面電車の配置は100年前とほとんど変わっていないとはいえ、昔はどんな光景だったのか気になりますね!

 

f:id:nok298:20170306203356j:image

現代の平和な青空に、重ねてみたい戦前の景色

失われたものがもう2度と戻らないものだと知ると、とても切なくなります

 

f:id:nok298:20170306205145j:image

ちかくには平和の像とか、

f:id:nok298:20170306205828j:image

 色々なものがありました!(超適当)

 f:id:nok298:20170306205840j:image

 

厳島神社

 

f:id:nok298:20170306210021j:image

宮島口へと到着しました!ここから徒歩すぐのフェリー乗り場から厳島神社へと行くことができますが、その隣にある売店にも是非立ち寄ってください!

 

有名な「もみじ饅頭」の試食がたくさんあって、お腹一杯になりますよ!(やめようね!)

 

f:id:nok298:20170306211203j:image

宮島の中に続く仲見世通りを抜け、さらに進むと…

f:id:nok298:20170306211056j:image

見えてきました!

これが、厳島神社っ…!!

 f:id:nok298:20170306211308j:image 

f:id:nok298:20170306211252j:image

f:id:nok298:20170306211327j:image

 

なぜかここで3回も「写真撮ってくれませんか?」と声かけられました

 

カメラ好きとしては嬉しいのですが、頼んでくる方はもれなくカップル、ないしご夫婦なんですよね…

 

一人で来てるんですよ僕は!

そんなに幸せアピールされたら羨ましくなっちゃうじゃないですかぁ!!

 

「あら、大きなカメラをお持ちなのですね。」(奥様の煌びやかで明るく優しい声)

 

Σ(゚д゚lll)「え!あ、えぇ…まぁ…ありがとうございます…(僕の特性: 超コミュ障)」

 

「よかったら、撮っていただいたお返しに何か撮りますよ、どうです?」(旦那様の全てを包みこむような優しい声)

 

。゚(゚´ω`゚)゚。「(なんて優しい人たちなんだ!)はい!えーーーっと…」

 

 

(´-`)そういえば一緒に撮りたい人って、誰もいないや

 

(´-`)「お気持ちはありがたいのですが、申し訳ないです…」

 

「あら、それは残念…。またお会いしましょうね」

 

 

 

(´-`)

 

 

 

(T-T) 本当に残念だよっ!

 

 

 

 

その他にも広島式お好み焼き食べてたり、

f:id:nok298:20170306212901j:image

夜の写真撮ったりしてました!

f:id:nok298:20170306212929j:image

 

それでは、本日はこのあたりで終わりにしておきます

この旅もそろそろ、終わりが近づいてまいりました…!

このプロジェクトを誰か一人でも、最後まで読んでいただけたら僕はきっと穴という穴から涙を吹き出して卒倒しちゃうでしょうね〜…

 

それでは今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます!!!!!