読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下から目線

目に見えるモノ、見えないモノを、下から見上げナナメに解釈。

4日目 /ニッポンのサイハテへ

f:id:nok298:20160814215936j:plain

こんにちは!nok298です。

 

「ニッポンのサイハテ」project も、中間地点の4日目に入りました!

 

 

今日の目標は…

昨日は稚内まで来ることができたので

言わずもがなとは思いますが、

宗谷岬へと到達することです!!!

 

 

今日は興奮して文量が多くなってしまったので、時間があるときに見ていただけたら…と思います。

 

 

昨日の進捗状況

昨日の進捗状況がこちら。

 

  • JR宗谷本線の運休により、高速バスの利用を余儀なくされた。
  • バス出発までの間、札幌の中心部を観光した。
  • 高速バスの座席がふかふかしてたので、そのまま熟睡。夜、稚内駅まで北上した。

nok298-1.hatenablog.com

 

 

それでは、昨日の深夜と、今日の様子について載せていきたいと思います!

 

最北の夜は稚内

昨日の夜7時頃、稚内駅に到着しました!

 

稚内駅。日本最北端の鉄道駅なので、ある意味「ニッポンのサイハテ」です!

f:id:nok298:20160913123030j:imagef:id:nok298:20160913123037j:image

 

北防波堤ドーム。

www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp

夜になるとライトアップされ、その曲線美が際立ちます。

住所が「北海道稚内市開運1−2−2」で、なんとなくおめでたいですね。

f:id:nok298:20160913123003j:image

 このドームの横にある階段を登ると、夜の海が見えました。

美しい星空と共に。

f:id:nok298:20160913125634j:image

 

…って前のブログで載せた写真載せてるだけじゃないか!

 そう思われるかもしれません。

大きな進展がなかったもので…。

 

宿泊したのは「稚内モシリパユースホステル」です!宿泊料金がホテルより安い!

他のお客さんと相部屋で寝るため、ちょっとだけ修学旅行の気分を味わえました!

 

 

いよいよ「ニッポンのサイハテ」へ

 f:id:nok298:20160913164734j:image

おはようございます!

ここから宗谷岬行きのバスが発着しているので、それに乗って行きましょう!

 

名残惜しいので、駅の近くを少しだけ散歩してみます。

 

f:id:nok298:20160913165215j:image

道路の行き先表示の看板です。よーく見ると、ロシア語表記が!!

 

稚内の北にはロシアがあるので、その影響なのかもしれません。

それとも、もしかして既にロシアが稚内を占領しているのか…?

 

…ほら見てください!

f:id:nok298:20160913173402j:image

稚内駅の自動扉です。

自動扉には普通の「AUTO」と書いてあるべきなのに、なんですか右の「OTUA」って!!きっとどこかの国の陰謀が絡んでいるに違いない!!

捜査しなきゃ(使命感。

 

f:id:nok298:20160913165201j:image

 

昨夜行った「北防波堤ドーム」

朝はこんな感じです。

f:id:nok298:20160913164909j:image

感想:夜だから分からなかったけど、改めて見るとデカすぎ!!

f:id:nok298:20160913164925j:image

まるで大きなクジラの背骨のようです…。

 

 

 

バスが来ました!

スゥー、ハァ〜(深呼吸)

 

 

…乗り込みます!!

 f:id:nok298:20160913171250j:image

 

もうスグ…

f:id:nok298:20160913171322j:image

もう少しで…

 f:id:nok298:20160913171729j:image

f:id:nok298:20160913171746j:image

 

 …

ここは、

f:id:nok298:20160913171819j:image

…ここが…!!

 f:id:nok298:20160913171910j:imagef:id:nok298:20160913171922j:imagef:id:nok298:20160913171935j:image

 

 

f:id:nok298:20160913172012p:image

f:id:nok298:20160913172023p:image

f:id:nok298:20160913172037p:image

ニッポンの、サイハテだぁーーーー!!!!

 

東京を出発してから3日と9時間半、

ようやく旅の目的地「宗谷岬」に到達しました!!!!!!

 

宗谷岬

f:id:nok298:20160913172427j:image

f:id:nok298:20160913172412j:image

f:id:nok298:20160913172452j:imagef:id:nok298:20160913172508j:imagef:id:nok298:20160913172530j:image

人が少ない!!

 

平日だからですかね…?

f:id:nok298:20160913172724j:image

宗谷岬には石塔を中心に、「宗谷岬」の歌詞など、いろいろなものが置いてあります!

f:id:nok298:20160913172903j:image

 

 

f:id:nok298:20160913172933j:image

なんだこのオッサン?!

 

失礼しました。この人物は間宮林蔵という方です。

伊能忠敬の弟子であり、北海道の地図作成に大きく貢献した方なのだそうです。

www.welcome.wakkanai.hokkaido.jp

f:id:nok298:20160913173654j:image

 

石塔から少しだけ東へ進むと、海まで降りる階段があります。

f:id:nok298:20160913174621j:image

ニッポンのサイハテの海に触ることができるのですが、落し物にはご注意を。

僕はレンズを交換しようとして、レンズキャップを落としてしまいました…。

 

※無事救出しました。

 

 

宗谷岬周辺、流氷館?

f:id:nok298:20160913174726j:image

宗谷岬周辺には、お土産やさんもあります。

入ってみると、無料で宗谷岬のスタンプを押すことができました!

(なんとなく持ってきていたメモ帳が、こんなところで役に立つとは思いませんでした…。)

f:id:nok298:20160913175001j:image

 

宗谷岬の駐車場横にあった、この建物もお土産やさんです。

f:id:nok298:20160913175759j:image

ん?

入場料無料の、流氷館なるものが併設されている?

どうせ流氷はいつ来てー、こんな大きさでー、とかいうやつでしょ?

そういうのは飽きてるのよ、あいにくだけど。

 

 

ん?

f:id:nok298:20160913180103j:image

ちょっと待って!!なんか怖い!!

f:id:nok298:20160913180148j:image

え、何ここは…(困惑

f:id:nok298:20160913180247j:image

これってまさか…!!

 

やめてくださいよ…、冗談きついっすよ…。

f:id:nok298:20160913180330j:image

ああああああああああああ!

さっむ!

寒すぎいいいいいぃぃぃぃい!

f:id:nok298:20160913180337j:image

本物の流氷を展示するだなんて聞いてませんでした!

 

すっごい寒いけど、

…これはこれで、いいかも…。

 

 

宗谷岬に別れを告げて

 

宗谷本線は、普通列車の運行本数があまり多くありません。

今から稚内駅まで戻っても、今日中に札幌まで帰れない可能性もあります。

 

なので、バスに乗って札幌方面に近い「音威子府(おといねっぷ)駅」を目指すことにします。

 

f:id:nok298:20160913181238j:image

宗谷岬には、結局2時間しかいられなかった。

 

3日もかけて2時間しかいられないと思うか、この2時間のために3日をかけたと思うかで、自分の心は変わる。

だから僕は後者を選ぶ。

この2時間には、いかなるものも価値の比較などできない。そう思うからだ。

 

 

さらば、宗谷岬

 

 

 

 

 

 

 バスの旅と、一つの謎。

f:id:nok298:20160913181932j:image

今度のバスは、稚内から来た時と逆にオホーツク海の海岸沿いを走ります。

音威子府駅まで、約2時間半の旅です。長いように感じられますが、これでも稚内駅で普通列車を待つよりは早いらしいです。

 

 

でも、またまた運賃がすごいことになりました。宗谷岬音威子府駅まで、3210円

f:id:nok298:20160913182325j:image

ジャックポット!」ですって?そんなわけないでしょ!

これで3210円。路線バスに一度乗っただけで、持つと手がプルプル震えるほどのお金を払うのは初めてです!

 

f:id:nok298:20160913182800j:image

f:id:nok298:20160913182933j:image

 それにしても、車窓はのどかですね。

 

f:id:nok298:20160913183029j:image

バスは途中で数回休憩を挟んだのですが、中頓別で一つの謎が!

f:id:nok298:20160913183400j:image

なっ、何故?!

バス停なのに、なぜ鉄道車両が?!

 

この謎の答えは、音威子府駅にありました。

 

 

一つの誤算と、一つの答え。

ジャラジャラ〜

(小銭をバスの料金箱に入れています。)

 

f:id:nok298:20160913183949j:image

音威子府駅に到着しました!

 

さて次の普通列車は、いつ来… 

f:id:nok298:20160913183629j:image

17:47発?

今の時刻は…、15:29

 

…ひぇぇぇ!

2時間も空き時間があああああ!

 

稚内駅を出発して4時間以上経っているのに、

札幌近郊はおろか、札幌と稚内の途中にある旭川にすら辿り着けてない!!

 

もっと時間をうまく使うルートを見つけていれば、きっと…。

ここにきて、痛恨のミスをしてしまいました! 

2時間も暇つぶしは出来ない!暇すぎて、死んじゃう!

 

 

f:id:nok298:20160913184649j:image

…ん?

 

音威子府駅の構内に、「天北線資料室」なる文字。

 

…行ってみますか。

f:id:nok298:20160913184926j:imagef:id:nok298:20160913184942j:image

廃止された路線の記録を、保存している部屋のようです。

 

f:id:nok298:20160913184947j:image

あれ…。

よく見ると、路線図の中に「中頓別」の文字が。

 

中頓別って…

f:id:nok298:20160913185156j:imagef:id:nok298:20160913185202j:image

あの車両は、廃線になった天北線の物だったのか!

 

また、展示されてた年表を見ると廃線後は宗谷バスが、同路線を代行する運転を決定」と書いてありました。

天北線の路線図をもう一度見てみると、それはまさに、今乗って来たバスの路線図そのものだったのです!

 

僕は、今は亡き天北線のレールを通ってここまで来た…!!

 f:id:nok298:20160913190525j:image

バスに乗らなければ、それに気づくことができなかったかもしれない…。

 

音威子府を出発。 

 f:id:nok298:20160913190640j:image

なんとか2時間待ち、旭川行きの列車に乗ることができました!

f:id:nok298:20160913190902j:image

外が薄暗くなってきましたが、旭川駅の到着予定は2時間後。

 

今日は「2時間」とやらに、まとわりつかれているような気がします(笑)。

でも、一応これで札幌までは着けるはず。多分…。

 

次は、旭川〜。

 f:id:nok298:20160913204949j:image

北海道第二の都市、旭川に到着しました!

 

f:id:nok298:20160913205100j:image

f:id:nok298:20160913205104j:image

木の枝のようにのびる柱が、すごくオシャレですね!

 

次に乗るのは、こちら岩見沢行きの普通列車

f:id:nok298:20160913205354j:image

 

f:id:nok298:20160913205512j:image

車内に入ると、全ての席が特急列車と同じクロスシート(乗客が進行方向を向くような座席配置)ですね。

なんだか、普通列車なのに得した気分!

 

この列車の終点、岩見沢駅でもう一度乗り換えれば札幌に着くことができます!

 

…というところなのですが、今日もお時間となってしまいました。

 

また明日も更新したいと思います! 

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!

f:id:nok298:20160913210351j:image

 

続きはコチラ!!!!

 

nok298-1.hatenablog.com