下から目線

目に見えるモノ、見えないモノを、下から見上げナナメに解釈。

此度は「太海フラワーセンター」へ!

 

こんにちは!nok298です。

_DSC6128


最近忙しくなって、うっかりブログ更新を忘れてしまいました!

ごめんなさい!

前回の更新から間が空いてしまいましたが、始めさせていただきます!!!

 

  

前回紹介までしていた「鴨川シーワールド」に行った後、

ついでに立ち寄った場所があります。

 

あくまでついでだから…と思っていたのですが、

思いの外、美しい景色があるじゃないですか。

 

という訳で、今回は「太海(ふとみ)フラワーセンター」にフォーカスします! 

 

 

futomi.ec-net.jp

 

 ごめんなさい!「犬猫ランド」には行ってないので、今回は省かせていただきます!
 
※撮影許可を取っていない方の顔が写真の中に特定できるほどはっきり写っている場合は、顔をぼかす加工を施しています。不快に感じる方もいらっしゃると思いますが、ご了承下さい。
※写真は、日中の明るさの室内で、画面の明るさを中間に設定した場合を想定して編集しました。暗くて見づらい場合は適宜画面の明るさを調節してください。

 

太海フラワーセンター

太海フラワーセンターは、以前紹介した鴨川シーワールドと同じ千葉県の鴨川市にあります。

名前に「磯釣り」がはさまっていることもあるそうですが、ここでは「太海フラワーセンター」と呼ばせていただきます!

 

太海フラワーセンターではその名の通り、花畑磯釣り、そして犬猫とのふれあいを楽しむことが出来ます!

コンセプトは「子供も大人も楽しめる花・動物・海の楽園」。

特に春は、バスツアーのお客さんで盛況するそうです。

 

最寄り駅からは徒歩7分ほど。

県道から横道に入り、坂を下り、海が見えたら右側が入り口です。

 

車で向かうのもおすすめです!

駐車料金はかかりますが、駐車場は2階建で中々大きいです。

 

 

こちらが、太海フラワーセンターのマップ。

f:id:nok298:20160903192613j:plain

 

フラワーセンターという名前らしく、園の半分は植物園になっています。

外の花壇の他に、ビニールハウスによる温室も用意されていることがわかりますね!

鴨川は関東地方の中でも暖かい気候なのになぜ?と思ったのですが、中では熱帯の植物が生育していました!

鴨川に居ながらにして、南国の雰囲気を味わうことが出来ます!

 

 

海に面している立地を活かし、海のすぐ近くで磯釣りをすることが出来ます!

釣れる魚は真鯛だそうです!!!めっちゃ豪華ですね!

 

今回僕は行けなかったのですが、犬猫ランドもあります!ただふれあうだけではなく、ペットホテルなども備わっていて、結構充実した場所なんだな〜と思います。

 

 

駐車場から見える海

 着いた〜!

_DSC6118

駐車場のすぐそばにある、太海フラワーセンターの入り口です。

中では鴨川のおみやげが売っており、レストランも有ります!

ちょっと年季の入っている建物から歴史を感じますね…。

 

しかし、見てもらいたいのは建物の向かい側。

太平洋です!

_DSC6117

晴れているとこんな感じに。

駐車場から先が太平洋というのは、元埼玉県民の私としては信じられないことです!

欲しいな〜、 何にも誇れない埼玉県民に、この海プレゼントしてほしいな〜。

 

 

_DSC6116

_DSC6119

 

 

フラワーセンターの花畑 

_DSC6126

では、早速中に入っていきましょう!

_DSC6127

中に入ると、中央にはきれいな花の咲いた花壇があり、それを取り囲むように温室が並んでいます!

中央より左側に見えるのは、…足湯?!

美しい花を見ながら、足湯に浸かるのもいいですね!

 

 

_DSC6147_asobe

_DSC6154

_DSC6158_asobe

2月に行っても、この美しさですか…。

ピークシーズンに行ってみたいなぁ。

 

_DSC6130

 

この写真をみてもらうと、(コカ・コーラの存在感アピールはさておき、)

房総半島の山がすぐそばにそびえ立っているのがわかりますね。

海と山が近いって、やっぱ埼玉にはない地形なんだよな〜。

頼むよ〜、何にも誇れない埼(割愛)。

 

温室の中

_DSC6167

うあああああああ!!!!!

暑いいいいいいいいいぃィィィいいぃいィィィィィ!!!!!

 

何が暖房中危険だぁ?!!

(※暖房機器に触れないでという注意書き)

なら、あつくすんなぁあああぁぁっぁ!!!

 

暑いのは苦手なんです…、

温度と湿度が高いと、一眼レフのレンズって表面が曇っちゃうし…。

でもいい写真が撮れると信じて、頑張っていきますよ! 

 

温室はいくつか連なっていて、各温室ごとに違った植物があるようです。

 

_DSC6166

_DSC6168

 最初に入った温室では、綺麗なバラが咲いていますね!

(暑い…。)

 

ぎゃあ!

植物が襲いかかってくる!!!

_DSC6172

…と思ったけど、幻覚かな…?

ボルネオシノブと書いてありますね。

_DSC6176

通路側に枝が伸びているので、てっきり襲ってくると勘違いしちゃいましたよ。

(この暑さのせいだろうな。)

 

_DSC6183

すごい…生い茂ってます…。どこが出口かわからなくなりそう、でも楽しい!!

(迷宮入りだけは勘弁だぞ…。)

 

_DSC6184

おお!果実が実っています!

(ジュース…。)

 


_DSC6191

奥に進むと紫色のきれいな花が!名前は何なのでしょう…?

(お?なんか涼しくなってきたかも。)

 

_DSC6196

今度はチューリップのような花が!

(いや、やっぱり暑い…。)

 

_DSC6203

ハイビスカスも綺麗です!

(ああなんと暑苦しい!!)

 

_DSC6205

今度の温室は円形で、青々と茂る緑の葉っぱが美しいですね。

(こっちは顔が赤々とほてってきたんだよなあ。)

 

_DSC6212

サボテン!チクチクして痛そうです。

(この期に及んで砂漠かぁ!!!)

 

_DSC6207

やっと出口です!

温室を出ると、写真のような西洋花壇につながります。

噴水が美しいですね!

 

磯釣り

 

磯釣りをするには、この暗〜い「風穴トンネル」をくぐっていかなくてはいけません。_DSC6135

 

_DSC6143

 

 では入っていきましょう!

_DSC6138

(空にロープが張ってありますね。)

こんな感じの、日本でもまれに見る、開放的な釣り堀です。

太平洋と融合しているように見えるところがなんとも…。

_DSC6142

 漁師の置き土産でしょうか?

_DSC6141_!

 

_DSC6141_2

 

遊び釣りだと、たったの500円!

というか、かいとりづりに書いてあるように、ほんとに真鯛が釣れるようですね…。 

スッゴイ…。

 

僕は出来ませんでしたが、釣り堀にチャレンジしてみてもいいかもしれません!

 

名物「波太丼」

入口の建物に戻って、太海フラワーセンターの名物料理「波太(なぶと)丼」 

 を食べてみることにしましょう!

 

「波太丼ください!」

「少々お待ち下さい。」

 

…あれ?ちょっっと待てよ?

値段がさっき、桁じゃなかった?

チラっ…。

 

?!

1800円だって?? 

ちょいちょいちょい…高すぎないかこれ。

これって観光地特有の「大したもんじゃないけど値段高くしても観光客は寄ってくる」現象じゃないかこれ…。

 

ゴクリ…(冷や汗

 

 

 

〜20分経過〜 

遅い…。早くしてくれ…。

どうせ僕の心を壊すなら、早く終わらせてくれっ…!!

 

 

 「おまたせしました~。」

_DSC6238

…はえっ?!

 

P1040043

ゴクリ…(食欲

 

これは…

大当たりでしたあああ!!!!!!!

P1040049

アワビ、サザエ、マグロ、サーモン、タイ… その他てんこもりっ!!!

P1040046

こんなビジュアルの料理が、食べておいしくないわけがない!

めちゃくちゃうまかったです。

今まで僕が食べてきたのは何だったんだろう、と。

人生を考えさせられる料理でした!!

 

ごちそうさまでした。

 

 

その他の花たち

ここからは、順番関係なく撮った写真を貼っていきます!

 

_DSC6202

 

_DSC6161

 

_DSC6172

 

_DSC6180

 

_DSC6124

 

_DSC6140

 

_DSC6149

 

_DSC6163

 

_DSC6195_1

 

_DSC6209

 

_DSC6204

 

_DSC6200

 

_DSC6197

 

 

 

最後に

 

ここ、太海フラワーセンターは、「オアシス」と呼ぶのにふさわしいレジャースポットだと思います!

 

設備自体は古いものの、しっかりと整備されていますし。

美しい花と、広大な太平洋を眺める。

日常でセカセカと移ろう時間が、ここだとゆっくり流れるような…。

そんな感じがします。

 

何より、燦々と太陽光が降り注ぐ中で、見える景色が輝いて見えること!!

夢の様な花畑と、美しい海を眺められる場所。

 

鴨川に行った時は、立ち寄ってのんびりしてもいいかもしれませんね!

 

 

さて、今回も写真を編集していきますか!

今回犠牲主役となる写真は、こちら!

_DSC6174_1

あの襲ってくる木です(名前をもう忘れた)。

 

では早速!編集していこうと思います!

まずは明るさを調整して…。f:id:nok298:20160903202931p:plain

その次に、写真をコピー&ペーストして2枚重ねます。

これによって、雰囲気を変えた同じ写真同士を重ね合わせることができるようになります!!

白矢印のところを見ると、レイヤーが2枚重なっていることがわかります。

f:id:nok298:20160903203352p:plain

では、目隠しして、てきとーにエフェクトを付けましょう。それ!

f:id:nok298:20160903202950p:plain

ん?ナニコレ?「シティライト」エフェクト…?

知らないなあ…。

f:id:nok298:20160903202936p:plain

まあいっか!上に重なっている方の写真の不透明度を下げ、下にある写真が見えるようにします。

f:id:nok298:20160903202948p:plain

そして明るさを最後に調整したら…。

_DSC6174_1

 え、ナニコレ…???

 またよくわかんないものを作ってしまった…。

 

タイトルは、

なんか上のほうが曇ってて、空の雲海に見えるから…、

それでいて木は大地に刺さってるわけだから…。

「天地」でいいですかね? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <小ネタらん>

 
ある日、昼寝の時間にぐずる赤子を見て、父が言っていた。

 「体は眠いって言ってるのに、頭がまだ眠くないって言ってるから、気持ち悪くなっちゃうんだよな〜。まあいつの間にかスッと寝るんだけどな。」

 

人は、上を目指すものだ。

上まで到達した人は、偉人として、成功者として、多くの人に讃えられる。

そして彼らは目標となり、後に続こうとする人達が現れる。

 

 

自分が今どんなに幸せでも、自分より裕福な人はいる。

そして、上には上がいる。

 

上を見ることはできる。そしてそれを目指すことができる。

 

しかし、ふれることが出来ないものだって、この世にはある。

体には限界がある。しかしながら、人間の頭には限界がない。

 

あと少し、届いて欲しい。

そう思う時に限って、一つ下の結末に落ち着くことが多かった。

それを誰かのせいにした、時間のせいにした、

そして、自分の限界のせいにした。

 

美しい青空を、見ることはできる。

でもそこに手は届かない。

果てのない空を仰ぎ見て、思いを馳せることしか出来ない自分がいる。

 

 

自分は、父の言う赤子と同じなのだろうか。

 

空を見ることって、なんて苦しいことなんだろう。

そして、なぜそれをやめたいとは思わないのだろう。

まだ眠るわけにはいかない。