読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下から目線

目に見えるモノ、見えないモノを、下から見上げナナメに解釈。

カメラの練習がてら、調布の花火を見に行きました。

追記2016/9/21: 花火の写真をflickrのものに置き換えました!非圧縮画質です。

 

 

 

 

こんにちは!nok298です。

 

そういえば最近、カメラ(D7200)を触っていなかったことに気づきました。

放ったらかしにしてごめんよ〜!

 

そんなことを思って、

昨日は撮影に出かけてきました!

 

hanabi.csa.gr.jp

見に行ったのは調布の花火です。

 府中とよく混同される調布です(京王線の車掌さんが言い間違いに苦しんでます)。

 

そんな調布でも、「シン・ゴジラ」だとエンドロールに

“映画のまち調布” とちょこっと出てくるので、知ってる人はしってるのかなあ…というのが個人的な認識です。

 

都内でもそこそこのスケールの花火大会だそうで、結構な人が集まってきます。

僕も20分あれば会場に着くくらいの場所に住んでいるので、ちょっと出かけてみることにしました。

 

夕暮れ時、多摩川が黄昏に染まっていきます。

_DSC1258

 

空が暗くなるまで待ちぼうけること1時間。

18:50、花火が打ち上がりはじめました!

_DSC1276

_DSC1270

_DSC1278

_DSC1289

 

_DSC1291

_DSC1310_asobe

_DSC1312

_DSC1322

_DSC1334

_DSC1342

_DSC1401

_DSC1299


 

次は写す範囲を広くして撮影してみましたが、

前に人が座っちゃったのでその方に感情移入しながら楽しんでください

きっとこう思ってますよ、

_DSC1345

「きれいやねぇ」

_DSC1349

「きれいやねぇ」

_DSC1351

「きれいやねぇ…」

_DSC1350

「後ろで盗撮しとるお前、見えとるぞ。」

ヒエッ…。

花火を撮ってるんだもん…!

 

 

 

 

ん!

そういえば花火と言えば、ソニーマガジンにこんな物がありましたね。

www.sony.jp

「花火はピントを動かして撮ると、まるで本物の花のように写る。」

twitterでも話題になったらしい「福田式」という撮影技法。

これはやってみたい!

 

というわけで挑戦したのですが…

_DSC1315

_DSC1335

めちゃムズいやんけ!!!

笑顔を模した花火が、たてがみ生やしたライオンみたいになってる!

 

露光している時間内に、正確にピントリングを回さなくてはいけないのでかなり難しかったです。

 

その中で成功に一番近かったのがこの写真です。

_DSC1365

よく見ると、先端のあたりが震えていますね。

ピントリングをちゃんと合焦する位置で止めたいがために手の震えが伝わってしまったようです…。

_DSC1365_min

修行しなきゃ…!

 

その他、ピントをずらして撮影してみました。

_DSC1280

_DSC1366

_DSC1370

 

 

花火は一時間ほどで終わってしまいましたが、それでもすごく綺麗でした。

この写真で今日のじめじめ感が少しでも吹き飛ばせたらいいのにな〜なんて思ってます。

また来年、見に来たいな…!

_DSC1381